Q&A

抗がん剤・放射線について

Q. ウィッグはいつ頃用意したらよいでしょうか?
 抗がん剤の治療が始まると副作用で吐き気やだるさなどを起こすことがあります。 そんな時、ウィッグを用意するために外出することはご本人様にとって大きな負担になりますので、診断結果を聞くころ、難しそうであれば、 なるべく治療開始前までに一度ご相談されることをお勧めします。
 髪の毛がある時に用意しても脱毛が進むと脱毛した分、頭周りのサイズが小さくなりますが、 サロンでは脱毛時から発毛時のアドバイスや毛髪と頭皮に合わせたサポートを行っています。
 抗がん剤治療は、必ず全部の髪の毛が完全に抜けるというわけではありませんし、脱毛には個人差があります。
Q. 治療前に髪を短くカットしたほうがよいですか?また、日常生活での注意点は?
 急に髪の毛が抜けてくることが多いため、精神的に落ち込みやすくなることがあります。 ロングヘアのまま脱毛が始まると、抜け毛が絡みやすくなり頭皮を痛めやすくなるので、あらかじめ短くカットしておくことをお勧めします。
 また、洗髪は爪を立てずにやさしく行いましょう。いつも使っているシャンプーでしみるようならば、刺激の少ないシャンプーを使うと良いです。 頭皮を清潔に保つために、これまでと同じ程度の洗髪はしたほうが良いです。
 脱毛が始まると、頭皮は刺激を受けやすくなり、体の免疫力が落ちるので感染を起こしやすくなりますので、 刺激の少ない柔らかいブラシの使用やドライヤーの温度を低めにするなど、髪への負担をなるべくかけないようにしましょう。

 洗髪方法やウィッグのお手入れについては、サロンにて詳しくご説明致します。
Q. 希望のヘアスタイルにできますか?
 ウィッグのカット、スタイル作りやウィッグの構造、装着方法、メンテナンスなどの技術取得をした美容師がご対応致しますので、 ご希望はもちろんご本人様に合うヘアスタイルのアドバイスを行います。

アピアランス(外見・容姿)に不安をお持ちの方は、ぜひ一度ご連絡下さい。

 「私に似合うかしら」、「他の人からどう見られているかしら」、「どんなヘアスタイルがいいかしら」など、初めてウィッグを被る方はたくさんの不安を抱えられています。
 私たち美容師はそんな皆さんの不安を、ウィッグをカットすることで、長さや量を調整し皆さん一人ひとりの不安解消をお手伝いします。
 また、「サイズがきつくなってきた」、「ゆるくなってきた」、「ウィッグのお手入れ方法」などアピアランス(外見・容姿)に 関するすべての不安やご質問をサポートしてまいりますので、お気軽にご相談下さい。